錯視


左は、ミュンスターバーク錯視の図です。縦の線は皆平行ですが、傾いて見えます。下は、この列を個々に動かした図です。列ごとに別のTimerオブジェクトを使って、四角を下方向へ動かしています。
列をクリックして↑キーを押すとその列の動きが速く、↓キーで遅くなります(しかし、マルチスレッドで動くので、列の動きはCPUの割り当て状況に依存します)。