印刷する

p5.jsとProcessing

p5.jsはJavaScriptのライブラリで、 インタラクティブなモーショングラフィックスを、簡単に書いてWebブラウザ上で実行することができます。キャンバス上に筆で絵を描くように、プログラムコードで図形や画像を描き、それを動かすことができます。

デザイナーやアーティストが簡単にプログラミングできるように開発されたProcessingの機能をベースに開発されており、Processingの関数をJavaScirptとして提供しています。

データの視覚化

ビッグデータが溢れる現在、それを読み解き、問題解決に役立てることは大切です。高等学校や大学では、データサイエンスを学ぶためのカリキュラム作りが進められています。プログラムを使って、データをいつもとは違う視点で「見られる,触れるもの」とできたら、つまり「データの視覚化」を行えたら、データの価値や意味を新しく見出したり、高めたりできるでしょう。

「データ視覚化」には、大きく3つの段階があるでしょう。
視覚化ステップ


p5.jsライブラリとデータ視覚化を手助けするライブラリを使うことで、第3段階の表現を実現します。
copyright © info